脱毛方法を比較する際のポイント

脱毛方法を比較する際にもっとも気になるのが痛みです。


特に痛みに弱いという自覚のある人は、痛みが強いと聞くだけでその施術を敬遠したくなります。

メジャーな方法の中で痛みがもっとも強いのはニードル方式でありこれは毛穴の一つ一つに特殊な針を刺し込み、微弱な電流を流して毛母細胞を死滅させていく方法です。

医療レーザー方式はニードル方式と比べるとかなり痛みが小さくなっていますが、敏感な部分は刺激を強く感じやすいので負担になることもあります。



もっとも痛みが小さいのは医療レーザー方式と同じような仕組みでありながら出力が抑え目で照射範囲が広い光方式です。

ピンポイント照射を行う医療レーザー方式に対して光方式は広い範囲に照射できますので、受ける刺激はかなり小さくなっています。

他にも、脱毛ではかかる期間がとても重要です。

出力の範囲を見てみると光方式がもっともスピーディーに行えますので期間も短くなりそうですが、実際には一回あたりの効果が高い医療レーザー方式がもっとも短い期間で済みます。



光方式は一回あたりの施術時間は短いのですが、出力が弱めですので長い期間を要します。



一本ずつ処理するニードル方式は、かなり時間がかかりますので全身脱毛にはおすすめできません。

このように、痛みや期間だけを見てもかなりの違いがありますので、自分が脱毛の施術を受ける際に何を重視するかを考慮しながらどの方式で受けるかを選択しなければなりません。